So-net無料ブログ作成

マルコメが「料亭の味みそ汁」シリーズを自主回収。パッケージ内に吸盤が混入の可能性 [ニュース]

味噌でお馴染みの大手メーカーマルコメが、「料亭の味みそ汁」シリーズの一部を自主回収すると発表しました。

2016/12/26~2017/01/17まで製造出荷したものとのことで、つい最近出荷したものになります。迅速な発表で感心するところがありますね。

対象商品は
『料亭の味みそ汁 12食』
『料亭の味みそ汁 減塩 12食』
『ローソンセレクト 減塩みそ汁 12食』
『料亭の味みそ汁 減塩 60食(12食×5袋入り)』
『料亭の味みそ汁 12食 輸出用』
『料亭の味みそ汁 減塩 12食 輸出用』
になっていて、最大16袋に異物混入となっていました。

しかし、味噌の小袋に入っているわけではなく、小袋を入れている袋に入っているので食べることはまずありません。ですが、クレーマーが何を言うかわからない現状もあったり、想定外の不具合だから公開して自主回収するという姿勢も必要なのか、マルコメは製品回収するとしました。

もちろん、消費者は問題ないと思えば回収してもらわなくてもかまわないので、そこは個々の判断になりますね。これも計算ずくかもしれませんが。

とはいえ、想定外の状況に迅速に動くということで、マルコメの姿勢は良いと思いますね。

http://www.marukome.co.jp/company/information/notice/2017/0220.html

書留郵便の受け取りができる新型宅配ボックスが登場 [ニュース]

日本郵便と大和ハウスとナスタが、宅配ボックスを共同開発して新型宅配ボックス普及促進すると発表しました。

これまでの宅配ボックスとは違い、メール便や宅配便、さらに書留郵便の受け取りもできるということで期待されているものです。特に書留郵便が受け取りができるという試みが新しく、どのようにするのかが気になるところです。2017/06からできるようになるということで、全国に広がっていくのを期待したいものです。

この取り組みは、最近は不在によって持ち戻りが多くなっていて配達の負担が増えているということと、受け取る人もわざわざ連絡をして配達してもらうという手間が多いということを解消するために行われます。

つまり、不在でも書留郵便や宅配便の荷物を入れることができるので、配達する人と受け取る人両方にメリットがあるということですね。

さらに登録することによって宅配ボックスから荷物を発送することもできるようになるという、かなり試験的なことも行われるとのことなので、うまく行けば窓口に持っていく必要もなく、家にいる必要もないのに荷物が発送できるという便利なものになりそうです。

まずは、越谷レイクタウンの戸建分譲住宅地「セキュレアシティ レイクタウン美来(みく)の杜」に導入するということですが、全国に広まってほしいものではありますので、想像以上の成果が出て欲しいと思います。

イオンモバイルにも5分かけ放題オプションが登場 [ニュース]

格安SIM黎明期から活躍してきたイオンモバイルがようやく5分かけ放題オプションを導入することになりました。5分間話し放題のオプションは他社では結構あるのですが、イオンモバイルでも追従したかたちになりますね。

使い方は他社とあまりかわらず、プレフィックスを付けると自動的に5分無料になるというものです。このためのアプリ「イオンでんわ」が2017/03/01に用意されますので、そちらから電話をかけると自動的にプレフィックスが付いた電話番号になるので、イオンでんわから利用すればあまり気にせずに電話することができます。

料金は850円と他社とあまりかわらずで、1通話5分を超えると30秒10円かかるのも同じです。

そして、イオンモバイルでの5分かけ放題オプションを使わなくてもイオンでんわアプリを使えば30秒10円になるという、全く他社と横並びの機能です。

比べると特に優れているわけでもないですが、劣ってもいないので、イオンモバイルに5分かけ放題が出来たことを喜びましょう。必要な人は必要になりますね。

長く通話する人は、050からのかけ放題(1980円)を利用したほうがよいかもしれません。

ついでに月額料金が値下げということで

データSIM
20GB:4480円が3980円
30GB:6480円が5380円

通話SIM
0.5GB:1180円が1130円
20GB:4980円が4680円
30GB:6980円が6080円

となり、大容量タイプが安くなります。

より使いやすくなったイオンモバイルですので、既存ユーザーだけではなくイオンモバイルが気になっているユーザーもチェックしてみてくださいね。

孤独死の原因?高齢者のセルフネグレイト [ニュース]

高齢者の方が孤独死をしてしまうことが時々ニュースになります。

病気で体調を崩してそのまま、というケースもありますが、病気ではないのに亡くなってしまうことも多々あり、そのひとつがセルフネグレイトと言われています。

セルフネグレイトとは、セルフは自分自身、ネグレイトは怠慢・放棄の意味があり、自己放任と日本語では言われます。自分の健康状態が悪くなったのに病院に行かなかったり、助けを求めないでそのまま放置することを主に言います。

人と関わりたくない人が段々と生きる気力を失ったり、何事も面倒になったり、自分のことも面倒になってくると次第にセルフネグレイトになっていくとのことです。

まわりが気づけば良いのですが、残念なことに独り身の方でも起こり得ることですので、普段から人と関わることによって、お互いの無事を確認できるというのは、生活の上で重要なことと言えます。

生きていく上で不安がないように、できるだけ心を明るくしておくことが自分の身を守るひとつの方法と感じます。

リレンザ服用の中学生がマンションから転落、ということについて [ニュース]

東京都でリレンザを服用した中学2年生がマンションから転落したというニュースがありました。転落してしまった方は気の毒だと思います。

この不幸な事故のニュースでは毎回違和感をおぼることがあります。インフルエンザの特効薬が原因で転落したと匂わす書き方ですので、マスコミはまだまだインフルエンザ治療薬のネガティブキャンペーンを行っているようなのですね。

インフルエンザはウィルスが脳に達すると悪影響があり、異常行動をすることがあります。インフルエンザ治療薬がでた当初はタミフルを服用した人が高いところから転落することが度々ニュースに流れてきました。

その後の研究で、インフルエンザ治療薬の処方とは関係なく、インフルエンザにかかった人は異常行動を起こすことがわかっています。

ですので、インフルエンザの症状を軽減する効果があるのに、さも危険な薬として匂わす記事の書き方は、相変わらず節操ないと感じます。

そういう記事を出すということは、そういうレベルの報道社ということで、心に止めておきましょう。

大人でもOK!スシローでまいどポイント会員にだっこずしグッズがもらえる! [ニュース]

スシローがキャラクター展開している「だっこずし」というものがあります。ネタを抱きかかえたキャラクターなのですが、結構可愛く人気があるのです。

大人には全く関係ない話だったのですが、この度スシローのまいどポイント会員になるとだっこずしグッズと引き換えられるクーポンを貰うことができます。
期間限定2017/02/28までですが、だれでもグッズをもらえるということでちょっとうれしい人もいるかもしれません。

クーポンを貰うには、スシローアプリをインストールしてまいどポイント会員になればOKで、翌日に引き換えクーポンがアプリに届きます。このクーポンは1週間有効です。

また、すでに会員の方は2/14に引き換えクーポンが貰えますので期間内に引き換えてもらいましょう。こちらの引換期間は2017/02/27までになっていて、500円以上の会計時にクーポンを見せて交換してもらいます。

子どもだけもらえた「だっこずしグッズ」が誰でももらえるチャンスですので、スシローに行った際はぜひだっこずしグッズをゲットしましょう。

ファーウェイのスマホ「HUAWEI P9」がAndroid7.0へアップデート開始 [携帯・スマホ]

最近勢いがある中国のスマートフォンメーカー「HUAWEI P9」がソフトウェアアップデートを行います。

端末に通知が来るということで、急ぎでない方は端末に通知が来るのを待っていましょう。

アップデートの内容は、OSがAndroid7.0への更新とEMUI5.0への更新。システムの最適化と安定性の向上、アプリケーションの汎用性向上とのことです。

ソフトウェアバージョンは、EVA-L09C635B221からEVA-L09C635B361へのアップデートになり、EVA-L09C635B180の端末はEVA-L09C635B221にアップデートしてからの対応になります。

バージョンは端末情報のビルド番号にかかれていますので、そこを確認しましょう。

また、アップデートは、できるだけデータのバックアップをとってから行い、ファイルサイズが大きいのでWi-Fiでの更新をおすすめします。

ライカレンズのカメラを搭載したHUAWEI P9をより安心して使うためにぜひアップデートは行いましょう。

マイネオのフリータンクが枯渇しそうだったので条件が追加 [携帯・スマホ]

マイネオには独自のサービス「フリータンク」というものがあります。

ユーザーが余った高速通信容量を「フリータンク」という共通の物に貯めて、当月に高速通信容量を使いすぎた人が1000MBを限度に引き出せるというものになっています。

相互扶助の仕組みなのですが、最近は趣旨関係なしに引き出す人が多くて高速通信容量が枯渇しそうになっていて、マイネオ界隈では大きな話題になりました。

枯渇するのはいくつかの理由があるのですが、現在では運営の方針変更ということで、ひとつの条件がついて継続しています。


もともとは、余った高速通信容量をフリータンクにいれるのをIN、引き出すのをOUTとして、期間内であれば結構自由に行うことができました。今回の方針変更で、フリータンクのINとOUTを比べてOUTが多い人は、契約の高速通信容量が1000MB以下にならなければOUTできないという条件が追加されました。

これは、沢山高速通信容量が余っていてもOUTする人が増えてきたことによるフリータンクの枯渇ということの対策です。INがOUTよりも多い人は、今まで通りとのことですので、OUTばかりする人にはある程度の効果が期待できるかもしれませんね。

マイネオが「1ヶ月に1GBまで助けてもらえる」とか広告を打ったお陰で「毎月1GB多くもらえる」というフリータンクの趣旨に沿わないユーザーが増えたのが大きな原因ともいえますので、マイネオとしてはあまり派手なことは出来ない事情もありそうです。

フリータンクの改善のひとつとして行われた制限ですが、まだ色々と問題は出てきそうです。しかし、他社にはないサービスですので、高速通信容量を捨てていたような人にとってはマイネオは魅力的に映るかもしれません。

毎月1GBもらえると思っているユーザーはどうでもいいとして、INとOUTを趣旨に沿って使っているユーザーが使いやすいサービスとしてどんどん改善していくことを期待したいです。

他社は追従しにくいサービスですので、ぜひともマイネオには頑張って欲しいところです。

近代麻雀連載のアカギが2018年に連載終了へ [ニュース]

ギャンブルマンガでお馴染みの福本伸行さんの連載「アカギ ~闇に降り立った天才~」が2018年に連載終了することになりました。

ギャンブルマンガとしては福本さんの「カイジ」「アカギ」は有名で、今回連載終了するアカギは1991年から25年以上の連載になっています。

長期連載のマンガが終了するということで、一部のファンは衝撃を受けたようです。

1年も前に連載終了の告知をするというのも珍しいですが、ファンが多いとのことで早めにするとのことです。

駅のポスターでの発表ということで、山手線のうち15駅に合計8種類のポスターが掲示されます。

期間は2/13~2/19とのことですので、都心にお住まいの方は見かけることがあるかもしれませんね。

掲示される山手線の駅は


新宿
代々木
原宿
渋谷
恵比寿
目黒
大崎
新橋
有楽町
東京
秋葉原
上野
西日暮里
池袋
高田馬場

比較的利用人数が多い駅になりますね。

興味があればぜひアカギのポスターをチェックしてみてください。


警察署で免許取り消し直後にクルマを無免許で運転して現行犯逮捕される珍事 [ニュース]

兵庫県で警察署に隣接する駐車場に停めてあったクルマを無免許で運転して現行犯逮捕されるということがありました。

男性は交通違反の累積で免許取り消しになり、兵庫県警察本部に呼び出されました。そこで免許を返却した後に、県警本部に隣接する駐車場からクルマを運転して出ていこうとしたところ、現行犯逮捕されたとのことです。

来るときまでは免許が有効でしたが、警察本部で運転免許を返却したらその時点で取り消しになります。ですので、来た時には大丈夫であったっものの、帰る時にクルマを運転すると無免許運転になるのですね。

なんでも、女性との約束があるのでクルマが必要だったとのこと。警察本部も免許取り消し処分者は注目しているので、すぐにクルマを運転したら見つかってしまいます。今回免許取り消し処分に関わった課の人に見つかってしまったとのことですので言い逃れもできませんね。

そのあと女性との約束が果たされたかどうかはわかりませんが、まわりから見ると少々変わった事件になりました。


累積で免許取り消しになった方ですので、法令遵守する気が無かったとも言えますが、クルマの運転は法を守って行うことを改めて考えさせられるものになりました。

そもそも免許取り消し処分になるような運転をしないように、気をつけていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。