So-net無料ブログ作成
検索選択

2016/11/14はスーパームーン!明るく大きい月が見えるかも [ニュース]

月が地球に接近して大きく明るく見えるスーパームーンが2016年でもあります。

今年2016年では、月と地球の距離が356511kmらしく、近年の中で最接近するとのこと。残念ながら満月との時間差がありますので、完璧なスーパームーンとは言えませんが、それでも大きいのは間違いありません。

最接近する時間は午前11時台なので、日本ではまず見ることが出来ません。ですので、日本でスーパームーンをきれいに見るのであれば、夕方の暗くなってから月を探してみましょう。月も東から西へ登るので、南東あたりの地平線から探してみるのが良いと思います。

スーパームーンを見つけたら写真を取りたいと思いますが、スマホでは結構撮影は大変です。

暗いのでシャッタースピードが遅くてぶれてしまったり、カメラが広角なので写った月が小さくしかできなかったり。

こういう時のカメラは、光学ズーム有りの物が良いので、そういうスマホであればそこそこ良く撮影できるかもしれませんね。

大きく明るい月は美しいものです。スーパームーンを知らなくてもきれいな月と思う人も出てくると思います。

2016/11/14のスーパームーンを知っていれば、カメラも準備できますし、何かと楽しめると思いますので、ぜひチェックしておいてください。

大手携帯キャリアvs総務省、iPhone7の値引きでトラブル? [ニュース]

この所総務省は、携帯電話の普及について色々ガイドラインを作っています。

その中でも目を光らせているのが「実質0円」というものです。これは、携帯端末を実質0円で手に入れることができるというもので、携帯プランの値引きや店頭値引きを行なって、端末代金分を割り引くというものですね。

少しの間は落ち着いていましたが、Appleの新製品iPhone7/plusが発売になって、大手キャリア3社は値引き合戦を行い始めてしまいました。

iPhoneはAppleとの契約で結構な量を入荷しなければならず、量をさばくために安く売るような動きになってきます。各社がiPhone7のユーザーの取り合いになって、結局「実質0円」が結果的に行われたのです。

総務省は敏感に反応して、再発防止策の報告を求めることとなりました。

格安SIMユーザーからすれば、端末は普通に買うのが当たり前になってきているのであまり気にはならないのですが、大手キャリアユーザーは毎月の利用料が高いですが、端末値引きは当たり前の世界です。端末代金が高くなると大手キャリアからユーザーが逃げられてしまう可能性が高かったのですね。

それを是正したい総務省と、iPhone7の在庫が余ると大変なことになる大手キャリアのいたちごっこはまだまだ続きそうな感じがする出来事でした。


タグ:総務省 iphone7
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。