So-net無料ブログ作成
検索選択

おっさんホイホイ!ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが2016/11/10に発売 [ゲーム]

任天堂がおっさんホイホイアイテムを発売すると発表しました。

その名も「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」

30年以上前に任天堂から発売された「ファミリーコンピュータ」のゲームが30タイトル入っている「ファミコンを模した」ゲーム機になっています。
接続はHDMI端子で、電源はUSBから取ります。

ファミコンのゲームをきれいな画面でプレイすることが可能なニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータですが、設定により、昔テレビでファミコンをプレイしていた時のように走査線があるような懐かしい画面表示の「アナログモード」にすることもできます。

また、リセットボタンを押すと中継ポイントを作ることができるので、次回ボタンを押したところから再スタートできるようです。

ゲームの内訳は以下の通りです。

任天堂
マリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズ3
スーパーマリオUSA
マリオオープンゴルフ
ドンキーコング
アイスクライマー
エキサイトバイク
バルーンファイト
ドクターマリオ
ゼルダの伝説
リンクの冒険
メトロイド
星のカービィ 夢の泉の物語

namco
パックマン
ギャラガ

SUNSOFT
アトランチスの謎

コナミ
グラディウス
イー・アル・カンフー
悪魔城ドラキュラ
スーパー魂斗羅

カプコン
魔界村
ロックマン2 Dr. ワイリーの謎

テクモ
ソロモンの鍵
つっぱり大相撲
忍者龍剣伝

テクノスジャパン
ダウンタウン熱血物語
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会
ダブルドラゴンII The Revenge

スクエア
ファイナルファンタジーIII


価格は5,980円(税抜)とお手頃ですのでぜひどうぞ。


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ



SMAPのラストCDが発売決定!その名も「SMAP 25 YEARS」 [ニュース]

SMAP引退決定から特に何も新しい情報がありませんでしたが、ベストアルバムの発売情報がでてきました。
名前は「SMAP 25 YEARS」となっていて、25年もの間に出た曲から50曲を収録する予定になっています。


ファンの投票で50曲を選曲ということですので、SMAPファンの方の意思が反映されるものになります。ベスト盤が出るのは嬉しい話ではありますので、チェックしておきましょう。

希望楽曲は、http://smap25years.com にて投票を受け付けていますので、収録して欲しい曲に投票をしますので、このURLからどうぞ。

反面、この手のベストアルバムは、SMAPメンバーは全く手をつけないアルバムになると思い舞うので、特に新録音もなく撮り下ろしもなく、ただ再編集されたベストアルバムになるかもしれませんね。

現状では仕方ないかとも思います。

そして、同時にDVD/ブルーレイも発売予定になっています。

こちらは「Clip! Smap! コンプリートシングルス」となっていて、シングル55枚にある両A面曲んだ全63曲の映像が収録されます。

ビデオクリップがない曲はライブ映像などが入るそうですので、かなり大盤振る舞いなビデオクリップ集になります。

昔の映像から去年の映像まで網羅されますので、25年の歩みを見ることができます。ファンにとってはかなりスゴイものになりますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

iPhoneも使えるSNSユーザー向けのLINEモバイルが2016/10/01スタート! [ニュース]

みなさんおなじみのLINEがLINE MOBILE(ラインモバイル)をスタートさせることはご存知かと思います。

いつ始まるかが気になっていましたが、2016/10/01にスタートさせるということで準備が進んでいるようです。

LINEをよく利用している方は気になっているところですので、すこしだけおさらいしておきましょう。


LINEモバイルのプランは2通りで、LINEでの通信が遅くならないプランの「LINEフリープラン」、LINEとTwitterとFacebookの通信が遅くならないプランの「コミュニケーションフリープラン」があります。

格安SIM業者と同じようなプランは「コミュニケーションフリープラン」で、高速通信容量3GB~になっています。

「LINEフリープラン」は高速通信容量1GBですので、LINE以外はそんなに使えないプランになっていますが、逆にLINEだけをたくさん使うユーザーにはとても魅力的なプランになるかもしれません。

トータルで言えば、SNSのヘビーユーザーにとっては魅力的に映るのがLINEモバイルになります。

ライバルとしては料金的には楽天モバイルでしょうか。今や最大の格安SIM業者とも言える楽天モバイルなので、ライバル視してもおかしくはありません。

ただし、楽天モバイルの良いところは、オプションや付帯サービス、楽天サービスでのメリットなど、楽天グループを利用している人にとってかなりお得に使えるようなデザインになっています。

一方LINEモバイルは、SNS利用で有利なだけですので、まだまだ局地的な需要にとどまるかもしれません。
また、店頭販売の予定もまだありませんので、LINEユーザーに多いであろう格安SIM初心者にとっては敷居が高い向きがあります。

ライトユーザーにとって利用しやすいサービスを目指していかなければ、シェア広げていくのは難しそうです。


そろそろ格安SIM業者も淘汰が始まってもおかしくはありません。

参入業者が増えてきたので、サービスが劣っている業者は徐々に業績が悪くなって撤退をせざるを得ない状況にもなりかねません。

LINEモバイルはLINEがあるので多少は大丈夫だと思いますが、今の状態では厳しいので他にも何かユーザーにとってのメリットが必要になります。

LINEモバイルがどのような展開をしていくかが注目されるところですので、後発格安SIM業者としてのメリットデメリットを活かしてぜひとも良いサービスに育て上げてほしいと思います。

とりあえずLINEフリープランは、LINEしかやらない人(ゲームアプリ除く)にとっては悪いものではないので、検討してみても良いと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。